中古車 走行距離 買取価格

中古車の走行距離と買取価格

中古車の走行距離と買取価格は、車を買い取って貰う人に取ってみれれば、大きな問題です。走行距離が短かければ、高額での買取が可能であり、走行距離が長いと安価になってしまいます。しかし、それには年式も大きく関係していて、走行距離ばかりが短くても、年式が古くては、高額での買取は望めません。それでは、どうして中古車の買取価格の目安として、走行距離を取り上げるのでしょう。それは、走行距離の長短が、その中古車のコンディションの善し悪しに関係してくるからです。つまり、走行距離が短い車であればある程、その車は使用されていないということになります。走っていないということは、車体に組み込まれたあらゆる部品類も消耗していない…と、考えることができるからです。車の部品が消耗していないということは、それ以後も、故障する心配が少ないということに繋がります。だから、走行距離の短い中古車は、買取価格が高いのです。そして、その反対に、中古車の走行距離が長いほど、長時間、その車を使用してきた…ということになります。つまり、車の中のあらゆる部品類が消耗しきっている、と考えられるのです。それは、いずれ近いうちに故障するかもしれない…ということに繋がります。だから、走行距離の長い中古車は、買取価格が安くなってしまいます。しかし、実際のところは、どうなのでしょうか。例えば、走行距離が10万キロを超えている中古車であっても、購入後、何の故障もない場合があります。そして、その反対に、走行距離が3万キロと、とても短かったのに、すぐに故障してしまったという場合もあります。勿論、それには、その中古車の、当たり外れもあると思います。しかし、それだけではありません。走行距離は一応の目安であり、その他に、メンテナンスという重要な項目があるのです。その中古車が、それまでに、どの程度のメンテナンスを行なってきたのか…ということが重要になります。いくら長い距離を走ってきても、その都度、しっかりとしたメンテナンスを行なっていれば、車の状態はとても良好です。その車がどれだけメンテナンスされてきたかどうかが、走行距離と共に重要になってきます。中古車の走行距離に対する買取価格の目安としては、1万キロから3万キロ、3万キロから5万キロ、そして5万キロから7万キロという範囲で、それぞれに段階があります。そして10年と10万キロを目安として、一応の買取価格評価を行わなくなります。