中古車 旧車 買取価格

旧車の中古車買取価格

旧車という言葉からは、すぐにその車をイメージしにくいと思いますが、旧車とはクラシックカーのことです。例えば日本車でいうと、ハコ型スカイライン、フェアレディZ、510ブルーバード、だるまセリカ、その他にはサバンナ、グロリア、360CCの軽自動車があります。そして外車では、フォードマスタングコンバーティブル、ベンツ190E、他にアルファロメオ、ルノー、ロータス等があります。バイクでは、KAWASAKIKH500、HONDACB750KZ等があり、その他にも旧車には、まだまだ限りなく多種多様の車やバイクがあります。そして、そんな旧車の中には、人気と共に長いあいだ製造し、現在も製造し続けている車、または生産を終了した車種を復刻したレプリカ車等もあります。しかしその価値からいえば、やはり一番人気で需要が多くあるのは、絶版車です。昔の技術によって製造された旧車は、現代技術に劣らない精巧さと耀きを持っています。そして更に、外観を司る美術的感覚には、現代の車には無い独特のものがあ、それら旧車の希少価値に伴って、その価格はとても高額です。しかし一概に旧車…といっても、それは年齢によって違ってきます。例えば60歳の人にとっての旧車と、20代30代にとっての旧車は全く違います。旧車には、これという決まった枠など一切ありません。その人にとって旧車であれば、それが旧車なのです。そんな旧車の中古車買取価格は、乗用としての一般車以外の価値の方が大きく、他の車に比べるとかなり高額です。例えば一般車ですと、年式が古くなれば、その分だけ中古車としての買取価値は下がります。その下がる価値というのは決定的であり、毎年確実に、中古車としての買取価格は安くなっていきます。しかし旧車の場合は、そんな一般車の価値判断とは、まるで違ってきます。勿論、骨董品と同じ価値観ではありません。しかし、旧車では、年式や走行距離というものは、判断材料になどなりません。要は需要と供給のバランスであり、その旧車を求めている需要者の希望価格が、即、旧車の中古車としての買取価格になるのです。そしてまた、一度買い入れた旧車のあらゆるパーツ等をメンテナンスし、その旧車の価値をよりアップするということも可能です。また付加価値として、その旧車に、自分の感覚でパーツ等を付け加えることによって、更に旧車としての中古車買取価格を高額にすることも可能です。